Welcome

DEFENDER-X

すべてのセキュリティが過去になる



DEFENDER-Xとは


防犯カメラの映像を解析し、不審者を検知するソフトウェアです。

DEFENDER-X使用例

DEFENDER-Xはテロなどの凶悪な犯罪はもちろんの事、万引きなどの盗難事案や器物損壊、イタズラなど様々な犯罪を未然に防止することが可能です。

防犯カメラ映像から人物の振動成分を読み取り、独自パラメータで解析し、犯罪を起こす可能性のある不審者を検出し赤枠で表示し、アラートでお知らせします。





DEFENDER-Xの特徴


DEFENDER-Xは人の精神状態(感情)を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知します。

既存の防犯システムへの付加も容易で用途に合わせた様々な活用が可能です。新たな技術で安心・安全な社会作りに貢献します。

  1. 不審者が犯罪を起こす前に事前検知、発報することで犯罪を未然防止(従来の監視カメラシステムでは犯罪行為の記録しか残りません)
  2. 照合データベースは不要、不特定多数から不審者を事前検知(犯罪者のデータベース「顔認証・パターン認証」照合方式はデータ外検知は不可です)
  3. リアルタイム監視映像はもちろん過去の録画映像からも不審者の検知(犯罪者の特定と事件の早期解決及び抑止力に寄与)
  4. 既存の監視カメラシステムへの付加が容易で既存のシステムに影響を与えない(既存システムの活用が可能のため省コスト導入が可能)
  5. 導入用途も多彩。外部及び内部の犯罪防止の強化はもとより薬物による被害防止。犯罪が現象する事で犯罪者に対しての早期解決及び抑止力効果が得られます。

DEFENDER-Xの構成及び表示例



【構成例】

構成図

【表示例】

表示例

群集の中で犯罪を犯す潜在的可能性の高い人物を事前に検知します。

不審者の行動追跡や備考により犯罪を未然に解決することにより抑止力の効果が向上します。

監視カメラ映像はもとより、過去の録画映像からの解析が可能。次世代の防犯セキュリティソフトDEFENDER-Xが革命を起こします。



解説VTR(日本語):

解説VTR(英語):



DEFENDER-Xの原理


DEFENDER-Xの原理

※①、②、③の情報を基に解析し不審者の検知を行なっております。



DEFENDER-Xの基礎原理


人間を含む動物の精神状態(感情)を身体全体の振動及び膨大な基礎データによって解析し不審者と思われる者を事前に検知するシステムです。

応用理論(運動の精神生理学)

論文タイトル


実験例の一部

実験の様子(一部)



DEFENDER-X 録画画像からの事後解析例


ボストンマラソン爆弾テロ犯人映像の解析結果(犯人A死亡・犯人B逮捕)

ボストンマラソン爆弾事件

窃盗直後の犯人映像の解析結果

万引き

女子高生自転車盗の解析結果

自転車盗

※一部実際の映像と異なる部分があります。



DEFENDER-Xの運用実績


ソチオリンピック

ソチオリンピック

ロシア空港

ロシア空港

ロシア政府機関

ロシア政府機関

ロシアデパート

ロシアデパート

参考:ロシア国内で約500システム及び諸外国(米国・カナダ・オーストラリア・ドイツ・スウェーデン・スイス・エジプト

ブラジル・ベトナム・インドネシア・中国・韓国・日本)で約500システム強が現在稼動中。

数値が示す信頼性の高さ(ソチオリンピックの検証結果)

警備状況 検査結果
パビリオン数 17箇所(262GATE) 来場者数 270万人(ピーク時:12万人/1日)
監視カメラ設置台数 262台(1台/GATE) GATE一か所の通過人数 1200人/日
システム設置台数 131SET(カメラ2台/1) GATE一箇所の検知人数 5人~15人/日
警備結果(不審者検知人数:約2,620人/日)



DEFENDER-Xの特許関連


感情の状態と人の振動パラメーターとの直接的な相関(依存)関係に着目し、長期間にわたる開発を要し解析によって感情を可視化する事(特許取得)に成功し、不審者を事前に検知するシステムに応用。

RUSSIA特許

特許ロシア1 特許ロシア2 特許ロシア3 特許ロシア4

USA特許

特許米国1 特許米国2

JAPAN特許

出願番号:特願2016-6177
整理番号:P16-010
国際特許分類:A61B 5/11
発明者:ミンキーン ビクトール アリベルトヴィッチ
特許出願人:ELSYS株式会社(ロシア)
特許出願人:ELSYS JAPAN株式会社
代理人:梅澤 崇